雇われても自由を勝ち取ろう

お金との付き合い方

最近のお金との付き合い方を振り返ってみようと思います。
今、自分にとっては、お金は便利なツールでしかないと感覚。
あるに越したことはないのだけど、やっぱり若い時に比べると、そこまで求めることもないでしょうね、、、
ちなみに20代の頃は、よく仕事した分、使い方も派手で、借金は400万ぐらいは一時的にいったと思います。
まあボーナスやら、特別手当やらで、すぐに返したけど、かなりしんどい思いはしましたね、、、
唯一遊んだ中にも、メリットがあって
仕事関係の人、全く関係のない社長の人、飲んでて隣いたおじさん等、勝手に人脈もでき
人間関係について学ぶことができましたね。
来週、久々その中の社長の一人と会う。
いつも飲みおごってもらったり、いろんなアドバイスや投資関連の錬金術まで
多岐にわたって授業料発生するんじゃないかって思うぐらい、お世話になってます。
他にも今なんとかやってこれたのは、昔から読書家であったことだと思います。
どうしたら可処分所得を増やすことができるかなーと、お金に関する本は400冊以上は読んだし
自己啓発系の本も200冊ぐらいは読んでると思います。
まあ今考えると、好奇心旺盛な時期でもあったんでしょう
パチンコや競馬などのギャンブルもしたけど、たぶん今より負けてたましたし。
そっち系は完全に運試しっていう感覚だしオカルト思考が強かったんで、、ほとんど失敗しました。
ただ去年は、宅建の勉強ついでに、パチンコの勉強もしてたんで、
パチンコ31万
競馬2万
合わせて、33万のプラス収支になりました。
それでも知れてますね・・・
パチンコに関していえば、期待値理論と確立の収束率の関係性を把握してれば、運の要素は限りなく排除できるし、
年間で負けることは、ほぼないかなと思います。
但し、サラリーマンでは稼働時間も限られてくるし、常に高期待値の台は取れないので、平均時給1000円ぐらいになってくる。
やっぱり時間は大切なんで、人生の期待値を考えると割に合わないかな。
年間で常に負けてるどうしようもない連れがいるけど、オカルト思考から抜けだせないのが難点。
ギャンブルは所詮娯楽って感覚は間違いではないと思うし、生活費をかける価値も一切ない。
勝った時は、キャバクラってのもいいと思うけど、負けた時に節約して生活費削るのは、完全なギャンブル思考だと思う。
自由なサラリーマンになっても、お金との付き合い方は大事ですね

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。