雇われても自由を勝ち取ろう

通勤によるストレスフリー

自由な生活を得ることは、ストレスフリーな生活を送ることにつながります。
サラリーマンでそれを行うには、常に工夫が必要です。

例えば、通勤電車
満員電車に揺られるストレス
家から駅までの雨の日の徒歩
乗車時間の長さと乗り換えの手間

私は独身で賃貸マンションに住んでいるので、自分で住居を選べるという利点があり
基本的には通勤に時間がかかるという制約はありません。

結婚してマイホームを持ち、子育てもある一般的なサラリーマンはそうはいかないでしょう。
だからといって仕方がないとあきらめてはいけません。
たかが通勤といえどもストレスの大敵、侮ってはいけません。

サラリーマン的な仕事は、日々どれだけ工夫しても限界があります。
それは社内社外の人間関係についてもそうです。

だから自分でコントロール可能な項目は、ひとつひとつ潰していくのが望ましい。
それが自由を勝ち取り、ストレフリーへつながります。
その場合多少のリスクを背負っても、他の方法を考えないとダメだと思います。
・自家用車を持っていれば、会社の近くに安いコインパーキングがないか探す
(予算的に通勤代との差額がありすぎる場合は、週2回などの利用制限を考える)

通勤を制するものは、サラリーマン生活を制すといっても過言でないかもしれませんね

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

27年間のサラリーマンを生活を送る40歳。

転職を繰り返す中で、自由を追い求めてます。

雇われながらも、気ままな生活をどう送るか

そんなことを日々考えながら生きる男のブログです。

人生が辛いと口癖な人、日曜日が憂鬱な人、彼女に振られたり、離婚して絶望的な人

僕も周りから、そんなふうに思われていた一人かもしれません。

しかし人生は、運だけに左右されるものではなく、ちょっとした考え方と行動が変われば、周りの環境に流される自分から脱却できるのだと証明したいと思います。

自己啓発的な言葉だけでなく、趣味やプライベートも織り交ぜて記事を更新していきます。

どうか温かい目でブログの成長を見守っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。