雇われても自由を勝ち取ろう

営業は、接待費での1万円以下の出費は気にするな

営業活動をきちんとしてる人は、喫茶店の打合せから、何かと経費はかかります。
わざわざ2千円にも満たない食事代を経費に回すわけにもいきません。

本来、サラリーマンの懐事情からすると、きちんと経理に回して清算すべきです。。。
なんていう人も多いと思いますが、そういう人は出世できることはないでしょうね。

お金にざるっていうわけでなく、一万円以下の接待費はあまり気にしないほうがよいです。

なぜなら大きな収入を得るには、そこそこお金を使わないといけないからです。
もちろん何十万も使わなければいけないと言ってるわけではないよ。

営業は、お金は正しく使い、小さい金額を気にしてると増えないってことです。
もちろん一万円は、大金です。
世間の主婦が10円差で、遠くのスーパーに足を運ぶぐらい節約してます。
そういう努力を軽視するわけではありません。

営業であるならという前提の話です。
営業という仕事に選択したのであれば、常にどうすれば最大の結果を生み出すのか、
常に合理的、先を読む力を養うことに注力すべきです。

そういうことに神経を集中します。
だから自分の給料が、全部生活費になると思う考えは非常に危険です。

必ず営業的な付き合いの出費はかかるものだという認識が必要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

27年間のサラリーマンを生活を送る40歳。

転職を繰り返す中で、自由を追い求めてます。

雇われながらも、気ままな生活をどう送るか

そんなことを日々考えながら生きる男のブログです。

人生が辛いと口癖な人、日曜日が憂鬱な人、彼女に振られたり、離婚して絶望的な人

僕も周りから、そんなふうに思われていた一人かもしれません。

しかし人生は、運だけに左右されるものではなく、ちょっとした考え方と行動が変われば、周りの環境に流される自分から脱却できるのだと証明したいと思います。

自己啓発的な言葉だけでなく、趣味やプライベートも織り交ぜて記事を更新していきます。

どうか温かい目でブログの成長を見守っていただければ幸いです。

スポンサーリンク