雇われても自由を勝ち取ろう

サラリーマンは、いくらサボっても仕事にあぶれることはない

サラリーマンはサボりすぎると仕事はなくなるんじゃないかって思い、ついつい真面目にというか

必要以上に営業サービスをおこなってしまうことがしばしばあります。

 

もちろん真面目に仕事するということは、自身の成長につながるし、出世や評価されることでしょう。

最近暑さのせいか、そんなことはどうでもよく、ゆったり涼しく働きたいって思うサラリーマンが多いと思います。

 

でも仕事って全然減らないんですよね・・・・

特に僕が働いてる中小企業ってのは、もともと人手が足りない状況が多いので、

ゆとりがそもそもない。

 

長期的に営業をサボれば、仕事自体はじわじわと減っていくでしょう・・・

でも会社から人もじわじわ減っていくので、結局個人ベース仕事量って変わらない。

これがサラリーマンの実情です。

 

よっぽどクレームを起こすようなことをしない限り、仕事は減らない、

それが組織で、変わりの人材はいくらでもいますしね。

 

だから自分のペースで仕事をし、やりたい事をやるっていうスタンスは思っている以上に

実現が難しいです。

僕もこのブログを通して、自由なサラリーマンを掲げていますが、やらされ仕事は結構多いですからね。

 

まあでも大事なのは、自由になっても、その時間をどう過ごすかということなので、

自由になることばかりを追い求めてるのでなく、適度な労働→自由をいう図式の構築が良いのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

27年間のサラリーマンを生活を送る40歳。

転職を繰り返す中で、自由を追い求めてます。

雇われながらも、気ままな生活をどう送るか

そんなことを日々考えながら生きる男のブログです。

人生が辛いと口癖な人、日曜日が憂鬱な人、彼女に振られたり、離婚して絶望的な人

僕も周りから、そんなふうに思われていた一人かもしれません。

しかし人生は、運だけに左右されるものではなく、ちょっとした考え方と行動が変われば、周りの環境に流される自分から脱却できるのだと証明したいと思います。

自己啓発的な言葉だけでなく、趣味やプライベートも織り交ぜて記事を更新していきます。

どうか温かい目でブログの成長を見守っていただければ幸いです。

スポンサーリンク