雇われても自由を勝ち取ろう

常に冷静な判断ができているか

人生って毎回大きいことや小さいこと含めて、

判断の連続ですよね。

 

自分が今、置かれてる状況も

その判断が積み重なった結果ですしね

 

仕事やプライベートでも何かしらトラブルが発生すると

感情的になり、冷静な判断ができないようになり

後になって後悔したりってのは必ずあります。

 

僕も普段、冷静になれ、冷静になれって自分の心の中で

連呼してますが、そもそもそう思ってる状態は冷静になってない証拠ですね・・・・

 

まあ完璧な人間なんていないので、ある程度喜怒哀楽があり、

失敗するのは仕方ないこと割り切るのも必要だと思います。

 

いつも周りから冷静だなって思われてる人に共通するのは

自分の余裕時間を持ってるかどうかだと思います。

いわゆるマイペースってやつですね。

 

余裕時間をもっているかといって、その判断が正しいかどうかってのは

分からない部分も多いですが、あせって決めたことよりは、

いい結果を生む確率が大きいように思います。

 

僕の働いている建築業界は、待ったなしのせっかちな人が多い業界です。

なぜそんなに大至急ばっかりなんだってあきれることもしばしば・・・・

 

段取り悪すぎるだろって文句いってる暇もなく

対応に追われてる営業マンも多いです。

 

理屈を並べて、依頼を拒否するってのありですが

毎回拒否してれば、結果的に注文がもらえないことになるのは

避けたいなってのが担当者の本音かもしれません。

 

まあ僕も清濁合わせ飲むって感じで

ある程度、得意先や社内の要求には応えてるようにしてます。

 

その中でも、自由なサラリーマン生活を送れるよう、日々効率を考えたり

人の協力を得れるよう努力しています。

 

たまに闘牛士のように、無茶な要求をかわし

笑いにかえたりする、凄腕サラリーマンもいます。

いくつもの失敗の過程で、そういう空気感を纏うことができる、

ある種の経験による職人芸ってのが身についてるんだと思いますね。

 

まあそういう前向きなサラリーマンと一緒に仕事すると、

楽しいし、勉強になるし、また一緒に仕事したいってなる。

愚痴ばかりいってても、周りの評価も下がり、その人の魅力が

下がるだけですしね・・・

 

どんなに苦しくて愚痴を言わない、

言ったとしても本音が話せる親友と飲んだ時に

ちょこっとってカッコイイサラリーマンの生き方だと思います。

 

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

27年間のサラリーマンを生活を送る40歳。

転職を繰り返す中で、自由を追い求めてます。

雇われながらも、気ままな生活をどう送るか

そんなことを日々考えながら生きる男のブログです。

人生が辛いと口癖な人、日曜日が憂鬱な人、彼女に振られたり、離婚して絶望的な人

僕も周りから、そんなふうに思われていた一人かもしれません。

しかし人生は、運だけに左右されるものではなく、ちょっとした考え方と行動が変われば、周りの環境に流される自分から脱却できるのだと証明したいと思います。

自己啓発的な言葉だけでなく、趣味やプライベートも織り交ぜて記事を更新していきます。

どうか温かい目でブログの成長を見守っていただければ幸いです。

スポンサーリンク