雇われても自由を勝ち取ろう

仕事の先輩との何気ない会話

昨日は、週末の金曜日だというのに残業

たまたま夜残っていた仕事の先輩と軽く飲んで帰ろうということになり

生ビール1杯とハイボール2杯飲んで帰りました・・・

 

先輩との会話の中で、興味を引いた言葉が

「俺はゴルフが好きだし、女遊びも好きだけど、それよりも仕事してる時が一番楽しくて好きだな」

と少し酔いながらしゃっべってました。

 

正直強がりだろって感じで、最初のほうは、ふむふむって感じで、

聞いていましたが、だんだんとこの人本気で言ってるなって思いました。

 

僕の会社は決して給料も高いほうではないし、めちゃくちゃ面白い仕事ってわけでもないと

個人的には思っていたので、まさかって感じでビックリしましたね。

 

その先輩とは一度仕事でかなりぶつかったこともあり、ちょっと人間としてどうなんだっていう

出来事もあったんで、なおさら驚きましたね・・・

先輩はわがままな人であり、周りとの協調性はないって感じですしね

 

まあ同じ営業マンという立場ではなく、こちらが仕事を頼むスタッフ的な立場の先輩なので

仕事への目線は少し違うのですが、まあそういう仕事への姿勢は見習うとこかもしれませんね

 

たしかに僕もサラリーマン仕事している時でも、楽しい瞬間はあります。

こちらの提案が受け入れられ、自分が選定した商品が納入され、それを職人が施工して、

お客様にありがとうって感謝されるという形になった時とかですね

 

ただ多くの人は、日々のどうでもいい仕事の割合が大きくて、忘れてしまう。

雇われ仕事でも、先輩のようにやりがいを見つけて、楽しさを感じることができれば

日曜日のサザエさん病とは無縁の生活を送ることができるかもしれませんね

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

27年間のサラリーマンを生活を送る40歳。

転職を繰り返す中で、自由を追い求めてます。

雇われながらも、気ままな生活をどう送るか

そんなことを日々考えながら生きる男のブログです。

人生が辛いと口癖な人、日曜日が憂鬱な人、彼女に振られたり、離婚して絶望的な人

僕も周りから、そんなふうに思われていた一人かもしれません。

しかし人生は、運だけに左右されるものではなく、ちょっとした考え方と行動が変われば、周りの環境に流される自分から脱却できるのだと証明したいと思います。

自己啓発的な言葉だけでなく、趣味やプライベートも織り交ぜて記事を更新していきます。

どうか温かい目でブログの成長を見守っていただければ幸いです。

スポンサーリンク