雇われても自由を勝ち取ろう

救急車乗るの3回目っすね

先日、尼崎で得意先の人と飲み会。

寿司屋で、まあまあ飲んで、そのあとに2件目、その人の行きつけの店へ

昔からの知り合いというか、元上司でもあるので、

こちらから誘った手前、途中で帰るわけにもいかず、帰ったのは夜中1時半頃。

最近あまり深酒しないので、夜中までは体にこたえる、、、、

帰ったら、珍しく娘が起きてきて、喉乾いたーーっと言ってくるので、

水飲ませて、ベッドに運びます。

でもそのあと嫁が起きてきて、娘がかなりしんどそうと、、

熱もあがって、熱性けいれんを発症。過去にも一回ありましたが、

また救急車を呼びました。

救急車もたいしたこないとの判断なのかヒアリングが長くて、なかなか出発しません。

僕も酒の影響と体調不良も重なって、かなり気持ち悪い状態。

早く出発してくれって感じです。

娘が白目むいたりするので、あまり知識のないお父さんにとってはめっちゃ不安になります。

自分のことはいいから、娘だけ治ってほしいと心から思うのは、やはり親の無償の愛なのかもしれません。

ようやく出発して、相変わらず救急車はかなり揺れる、、、

また心拍数を図る計測器がピコピコうるさいし、めっちゃ不安を煽るんですよね。

ようやく神戸のこども病院に到着。

何人かの人が、入り口で待ってくれていました。

僕が一番最初に救急車を降りたのですが気持ち悪くて、ふらついてコケました。

皆の目線がお前が転んでどうするのって感じだったので、かなり恥ずかしかったです。

到着した瞬間、白目向いて寝てた娘が起きました。意識もしっかりしてそうで一安心。その後診察受けて、問題ないとのこと。熱性けいれんは吐いたり、白目向いたりするらしいです。

タクシー呼んで、無事家に到着。

長い一日でした、、、次の日娘はめっちゃ元気で、昨日は何だったの?って感じです。子供の体調は急変するから、怖いなーとつくづく実感しましたね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

27年間のサラリーマンを生活を送る40歳。

転職を繰り返す中で、自由を追い求めてます。

雇われながらも、気ままな生活をどう送るか

そんなことを日々考えながら生きる男のブログです。

人生が辛いと口癖な人、日曜日が憂鬱な人、彼女に振られたり、離婚して絶望的な人

僕も周りから、そんなふうに思われていた一人かもしれません。

しかし人生は、運だけに左右されるものではなく、ちょっとした考え方と行動が変われば、周りの環境に流される自分から脱却できるのだと証明したいと思います。

自己啓発的な言葉だけでなく、趣味やプライベートも織り交ぜて記事を更新していきます。

どうか温かい目でブログの成長を見守っていただければ幸いです。

カテゴリー