雇われても自由を勝ち取ろう

基本的な礼儀を知らない奴が多すぎる

2016.07.06

1件

最近メンターから、基本的な礼儀を知らない奴が多すぎると言われます。
僕は、75歳のメンターと一緒に仕事をすることになり、その辺は注意してるし
元々メーカー出身ということもあり、きちんとわきまえてると思ってます。

メンターの嘆き
事例1
・仕事上の人脈で、人を紹介してあげたのに、先方への連絡はほったらかし
こっちへの報告もない・・・

事例2
・展示会へ休日出勤して、商品が売ろうとしてるのは良いが、
服装は地味だし、そもそも展示しようとしている商品が汚れてる・・・

事例3
・別に仕事の貸し借りもあまりない年下に、夕食を奢っても
次の日電話やメールのひとつもない・・・

以上、他にも嘆きがあるのですが、抜粋すると上記の3点です。

僕も結構今まで似たような経験があります。
仕事の商品知識や見積もり等の情報処理的な技能は高いのに、
基本的な礼儀については、まったく知らない。

仕事の連絡や、奢ってもらった時のお礼なんかは、電話1本すれば良いだけの
話です。でもそれができないのは、自分にそういう経験が少ない、もしくは
気持ちが緩んでる、そもそもそういう積み重ねが信用につながるという重要性がわかってない
バカのいずれかでしょう。

ゆとり世代、さとり世代については、教育的に仕方ない部分も多いし
今の世の中そんなマナーに厳しい人も少ないですね。

僕はよっぽどでない限りは、人に指摘や注意することはありません。
そういう礼儀ってのは、自分で気づいて直していくことが重要だと思うし、
まあそういう奴は教育するにも値しないので、それなりに付き合ったとしても
色んな成長できるネタやアドバイスもしないし、
困ったときに助けることもしないでしょうね。

簡単なことができない奴は、他人への配慮が欠けてると思うし
やっぱり信用できないんですよね。

まあ偉そうなこと言ってますが
僕自身も家族を持ったことで、そういう礼儀については
今まで以上にきちんとしていこうと思います。

関連記事

コメント

    • しまだ
    • 2017年 3月 10日

    そういう礼儀よりも、手間暇かけさせておいてお金も払わない、労力を提供しない、何もしない人にイラつきます。
    経営者だから平日の雑用は彼がやって当たり前だと考えてるサラリーマン共をぶん殴りたくなる。

  1. この記事へのトラックバックはありません。