雇われても自由を勝ち取ろう

クレームは辛いけど、挫けたら負けである

仕事ではクレームがつきものです。
特に僕の働いている建築業界はクレーム産業といっていいほど多いです。

そんな中で営業の仕事をしていると、クレームごとにへこんでいては前に進めないし、きりがない。
もちろん対処法等は考えることは大事ですが、必要以上に自分を責めたりしても、仕方がないので
前向きに冷静でいることが重要です。

最近、後輩が自分のミスで商品を2回連続で間違えて、客は怒って、いろんな人が巻き込まれ
まあまあ大変なことになりました。
でも起こってしまったことは仕方ない。
同じミスを二度としないっていう対処法や心がけは大事だと思うけど、
世の中に絶対はない。

それよりも発生してしまった時の対処法をきちんと考えておくほうが大事かもしれませんね。
それと自分のミスであっても、すぐ立ち直る方法も大事ですね。

そんなことを他人事だと少し思っていたら、本日僕のほうも、メーカー側のミスにより、
現場へ商品が到着しないといったクレームが発生。

土日は普通メーカーは休日でつながらないのが一般的です。
だからこうなってしまっては、よほどコネ、人脈がないと、どうしようもない・・・・

あがくことは大事ですが、あきらめも大切なので、
事後に費用請求されて、謝るしかないと開きなおって時が流れるのを待つしかない。
よく仕事のストレスで鬱になったりする人は、人一倍責任感が強いってことが起因しているといわれてます。

だから命とられるわけでないので、怒られるのは嫌だけど、
そこで挫けてはダメってことです。

精神的にタフになるには、経験を積み重ねていくしかない。
人間は初めての体験が一番不安になるからだと思います。

妥協ってのは、必ずしも悪いということでないってのが
サラリーマンとして生き抜くためにも認識しておくことが重要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

27年間のサラリーマンを生活を送る40歳。

転職を繰り返す中で、自由を追い求めてます。

雇われながらも、気ままな生活をどう送るか

そんなことを日々考えながら生きる男のブログです。

人生が辛いと口癖な人、日曜日が憂鬱な人、彼女に振られたり、離婚して絶望的な人

僕も周りから、そんなふうに思われていた一人かもしれません。

しかし人生は、運だけに左右されるものではなく、ちょっとした考え方と行動が変われば、周りの環境に流される自分から脱却できるのだと証明したいと思います。

自己啓発的な言葉だけでなく、趣味やプライベートも織り交ぜて記事を更新していきます。

どうか温かい目でブログの成長を見守っていただければ幸いです。

スポンサーリンク