雇われても自由を勝ち取ろう

見えない苦労、見える苦労

サラリーマンであれば、常に余裕を見せている人もいれば、
常に電話ばかりのバタ付いてる人の2つに分かれています。

本来、早く帰るようにしてる余裕を見せている人が評価されるべきですが、
そこはやっぱり日本人的な奉公文化が根強く、バタついてる人が仕事してそうに見えて
評価される会社もあります。

僕の働いてる会社は、半々かなって感じもしますが、実績=出世でもないので
やはり日本的な文化を引き継いでいる会社ですかね。

実際仕事してるかどうかってのは、周りの近くの人達でしか分からないと思います。
また近くにいる人でも、見えない苦労があったりと、判断することは難しいかもしれません。

僕は変にサボってないよーっとアピールして仕事してるふうに振舞ったりすることはありません。
むしろ極力愚痴を言わないよう、淡々とこなしていくほうです。
まあ時にはリップサービス的な振る舞いは必要だと思いますが・・・
忙しいと口癖のように言ってる人は、やっぱり信用されないですしね。

まあ僕はサボってるときでも、仕事前の休息タイムっいうふうに考えているので、
そういう意味では、サボることへの罪悪感はないです。

やっぱり内容と結果を重視して、労働時間は関係ないくらいの
意識で仕事していくことが大切だと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

27年間のサラリーマンを生活を送る40歳。

転職を繰り返す中で、自由を追い求めてます。

雇われながらも、気ままな生活をどう送るか

そんなことを日々考えながら生きる男のブログです。

人生が辛いと口癖な人、日曜日が憂鬱な人、彼女に振られたり、離婚して絶望的な人

僕も周りから、そんなふうに思われていた一人かもしれません。

しかし人生は、運だけに左右されるものではなく、ちょっとした考え方と行動が変われば、周りの環境に流される自分から脱却できるのだと証明したいと思います。

自己啓発的な言葉だけでなく、趣味やプライベートも織り交ぜて記事を更新していきます。

どうか温かい目でブログの成長を見守っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。