雇われても自由を勝ち取ろう

臆病なのか、女々しいのか、細かいのか、自問自答するとき

いろんな思いが交錯するときが時々あります。
結構、僕は0型でざっくりな人間で細かいことを気にしない性格だと
自分で思ってましたが、実はそうでもない時があるなって思います。

一人でいるときは、あまり感じることも少ないですが、
他人と一緒にいるときに、どうしても自分と比べてしまうので
そういう自問自答がおきるのでしょう。

その一、臆病になると感じるとき、
臆病ってのは、マイナスなイメージがありますが、仕事面では準備がきちんと
できる人間であるというメリット。
また臆病であるがゆえに、こうでもないああでもないと突き詰めて考える癖がつき
よりいいものができあがることもあるし、成長ができるんじゃないかと思います。

その二、女々しいなって思うとき
人生は毎回選択の繰り返しによって、今の自分がある。
だから、選択ひとつによって、まったく違う結果、いわゆるターニングポントってのも
あとからここだったなって思うときもあります。
一度、決定した選択を後悔するときも本当に多い。
そういうときに必要以上に落ち込んだりするときは、女々しいなって思います。

またそこに、お金が絡んだりすると、余計にあーーーっとかいう感情も倍増されたりもします。
失敗ありきでの考え方をするときや、選択した結果が悪くても、いさぎよくダメだと
認めるのが、男らしい大人の男なのかもしれませんね。

その三、細かいことを気にする。
女々しいということとかぶることですが、本当に細かいことを気にすることがある。
これは、相手に対して失礼な態度ではなかったかとか、人間関係に及ぶこともあるし、
自分的な視野の狭い細かさ、クリーニングが仕上がったときのビニールを取らないと
服が傷むし、ドライクリーニングのにおいが残るんだとか
特にどうでもいいようなことを気にしたりする。

いろんなことを自問自答するってのは大切なことでもあると思うけど、
それがいきすぎると鬱になったりもするので、ある程度、定期的な時期に振り返るのがいいかもしれません。
また人生の大きな転機となる結婚や転職などの前に、再度自分を見つめなすのもいいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

27年間のサラリーマンを生活を送る40歳。

転職を繰り返す中で、自由を追い求めてます。

雇われながらも、気ままな生活をどう送るか

そんなことを日々考えながら生きる男のブログです。

人生が辛いと口癖な人、日曜日が憂鬱な人、彼女に振られたり、離婚して絶望的な人

僕も周りから、そんなふうに思われていた一人かもしれません。

しかし人生は、運だけに左右されるものではなく、ちょっとした考え方と行動が変われば、周りの環境に流される自分から脱却できるのだと証明したいと思います。

自己啓発的な言葉だけでなく、趣味やプライベートも織り交ぜて記事を更新していきます。

どうか温かい目でブログの成長を見守っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。