雇われても自由を勝ち取ろう

お金があることのリスク

最近結婚式の打ち合わせで、これを頼むといくらかかりますってのが

多いということに改めて気づかされます。

 

自分達でできることもあるのですが、僕の悪いくせで、プロに任せればうまくいくし、

費用かかってもいいだろって思うのですが、隣の彼女は倹約家なので、反対されます。

 

まあ安い費用については、あまり反対しませんが、やっぱり10万超えるものを

あっさりやろうよなんて、言ったら金銭感覚違うんじゃないって目されますね。

 

 

昔の貧乏学生時代には、どんなことも自分でやるって感じで、それが好奇心となり、

面白さもありました。もちろん根底には、金がないから自分でやるしかないってのが

あったのは言うまでもないことですが・・・・

 

お金があるってことは、それで人を動かしたり、めんどくさいって思うことや

自分の実力以上のことを外注できるってことにつながる。

 

それがビジネスでもプライベートでも時間効率につながり、どんどん便利になり、

自分が動かなくなり、自分でチャレンジすれば身についたであろう知識の獲得機会が

減っていきます。

 

それは、わかってても一度外注の便利さを覚えると、もう一度不便さに戻ることが

できないんですよね。

 

僕がずっと独身でいたら、たぶんお金に関して不自由することなく、便利さを

ひたすら追求した生活を送り、他人との金銭ギャップに気づかずに過ごしていたと思います。

それも一つの生き方であると思うし、絶対ダメだということではありません。

ただいくら便利にあり、美味しいものを食べ、好きな時に働き、自由な生活を手に入れることができても、近くにいる人が

自由でなければ、共感できず、面白い人生を過ごすことができないと思います。

 

だから今回の結婚もそういう部分に気づかされる部分も多く、考えさせられる部分あります。

それに結構な出費もあり、今までのように、コンビニ感覚の使い方をしていると

あっという間にお金もなくなるので、計画的な行動や、稼ぎに対する考え方もなお一層磨いていかないといけません。

 

僕の持論でもないですが、節約ってのは限界があります。

サラリーマンの少ない小遣いで節約をしたって食費や交際費を少し削減されるぐらいで

全くメリットないと言ってもいい。

その金額ぐらいなら、稼いだほうが早いし、圧倒的にストレスが少ないです。

今の僕も、毎月5万ぐらいは全くの不労所得で入ってくるシステムは構築してますしね。

実際は、それ以上の金額は稼いでますが、不労所得でないので・・・・

 

少し話が逸れてしまいましたが、お金を使うことの意義をもうちょっと考えて、

自分が楽することだけ考えると、成長を止めてしまうこともあるってのを認識しておく必要がありますね。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

27年間のサラリーマンを生活を送る40歳。

転職を繰り返す中で、自由を追い求めてます。

雇われながらも、気ままな生活をどう送るか

そんなことを日々考えながら生きる男のブログです。

人生が辛いと口癖な人、日曜日が憂鬱な人、彼女に振られたり、離婚して絶望的な人

僕も周りから、そんなふうに思われていた一人かもしれません。

しかし人生は、運だけに左右されるものではなく、ちょっとした考え方と行動が変われば、周りの環境に流される自分から脱却できるのだと証明したいと思います。

自己啓発的な言葉だけでなく、趣味やプライベートも織り交ぜて記事を更新していきます。

どうか温かい目でブログの成長を見守っていただければ幸いです。

スポンサーリンク