雇われても自由を勝ち取ろう

電話が相手の時間を奪うってことを、もっと意識すべき

今日は、本当に電話が多い・・
今の時代、これだけメールやSNSという便利なツールが発達しているにも関わらず
相変わらず、電話による口頭で全てをすまそうって人が本当に多い。

僕の働いている建築業界では、特にそう感じますね

携帯電話の普及により、外出してようが、休みであろうが
電源が入って、電波がたっていれば、いつでもつかまる。

もはや営業で電話がつながらい人は、終わってしまう時代でもあります。

電話ってのは、相手の時間を奪うことになるってことをもっと意識しなければいけないし
どうしても必要な場合、手短に済ますというルールを徹底すべきだと感じます。

僕は緊急時以外は、電話することはありません。
もちろん電話で説明したほうが、伝わるし早いっていう場面もありますが
口頭で説明しなければっていうのは、自分の文章力に自信がないってことにもつながります。

それにミラー効果っていうこともあり、こちらが電話すればするほど
相手も電話をしてくるようになってしまいます。

集中して交渉したり、事務処理している時に
電話で邪魔が入ると、もう一度スイッチ入れなおすのに時間もかかります。

電話の全てを否定しているわけでないですが
かける回数や時間帯を考えて、相手への配慮を忘れないようにすべきです。

また僕は肩こりで、特に左肩が張っているのですが
電話による影響もあると思ってます・・・・

普段電話が多いなって感じている人は
もう一度自分の行動を振り返ることが大切ですね

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

27年間のサラリーマンを生活を送る40歳。

転職を繰り返す中で、自由を追い求めてます。

雇われながらも、気ままな生活をどう送るか

そんなことを日々考えながら生きる男のブログです。

人生が辛いと口癖な人、日曜日が憂鬱な人、彼女に振られたり、離婚して絶望的な人

僕も周りから、そんなふうに思われていた一人かもしれません。

しかし人生は、運だけに左右されるものではなく、ちょっとした考え方と行動が変われば、周りの環境に流される自分から脱却できるのだと証明したいと思います。

自己啓発的な言葉だけでなく、趣味やプライベートも織り交ぜて記事を更新していきます。

どうか温かい目でブログの成長を見守っていただければ幸いです。

スポンサーリンク