雇われても自由を勝ち取ろう

忙しい人ほど仕事を頼まれるのは本当か??

よくビジネス書にも忙しい人ほど仕事を頼まれると書いてあります。

僕の経験上それは本当だと思います。

もちろん仕事ができる人ほど忙しいということにもなりますが・・・

 

自由なサラリーマンを目指すのであれば、

「あいつは仕事ができるな」という評価必要です。

 

しかし仕事ができるからといって、どんどん仕事を与えられると自由は遠のきます。

その時は、多少の評価を落としてでも、うまく断ることが重要です。

 

僕も今の会社内では、忙しくても仕事を頼まれることが多いです。

他に余裕がある人がいるのにです。

 

そういう時は仕事の内容にもよりますが、断る方向で対応します。

もちろん100ゼロの全否定の断り方はしません。

何とかその仕事において、自分の労力が3割ぐらいで済むような結果に持っていき

一見すると仕事を受けたかのような結果になります。

でも同じ労力の仕事を頼まれて、3回こういう受け方をしても

一回丸受けする労力までいかないし、同時進行のリスクも考えると

かなりの負担は軽減できます。

 

どうしても仕事ができると思ってる人は、自分の力を過信するがゆえに

結果、オーバーワークに陥ってしまいます。

仕事は余裕がないと絶対うまく回りません。

仕事に没頭して、床に落ちてるゴミにも気づかないような状態は余裕ゼロですね。

もちろん余裕がありすぎて、ただ単にサボってる状態よりはマシだと思いますが・・・

 

いろんなバランス感覚を意識して取り組むことが必要ですね

[ad#co-1]

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

27年間のサラリーマンを生活を送る40歳。

転職を繰り返す中で、自由を追い求めてます。

雇われながらも、気ままな生活をどう送るか

そんなことを日々考えながら生きる男のブログです。

人生が辛いと口癖な人、日曜日が憂鬱な人、彼女に振られたり、離婚して絶望的な人

僕も周りから、そんなふうに思われていた一人かもしれません。

しかし人生は、運だけに左右されるものではなく、ちょっとした考え方と行動が変われば、周りの環境に流される自分から脱却できるのだと証明したいと思います。

自己啓発的な言葉だけでなく、趣味やプライベートも織り交ぜて記事を更新していきます。

どうか温かい目でブログの成長を見守っていただければ幸いです。