雇われても自由を勝ち取ろう

有給休暇をとりまくりたい

有休って、なかなか取れないですよね。
特に管理職になってからは、さらに取りにくい。

小泉進次郎は、育休とるみたいですが、
一般のサラリーマンは難しいでしょう。

営業であれば、数字上がってればオッケーなので有休とれますが、数字上がってたら忙しくてとれねぇよって矛盾があるんですよね。

僕も昨年は数字上がってたから、本当はもっととれば良かったですね。

やっぱり心のどっかで、他の人と比べて調整してしまうんですよね。
まあ何でもやり過ぎは、批判されるし良いことは無いと思います。

「過ぎたるは及ばざるが如し」
孔子の言葉にもありますからね。

でもせっかくのサラリーマンの特権である有休をもっと取るべきだとは思います。

特に平日にとれば、映画にしろ買い物にしろ、土日と比べ空いてて快適だと思います。

また昼間にビール飲んで、優越感に浸ったりもできます、、、ベロ酔いは良くないですが、、

自由なサラリーマンである僕は、わざわざ有休とらなくても普段そこまで働いてないって思います。
でも有休とってる時は事務所の電話が鳴らなかったり、他の人が助けてくれたりとメリットあるしね。

ゆっくり一人で過ごす時間は、人生をより豊かにしてくれる。

一人暮らし長かったせいもありますが、結婚しても一人の時間は絶対必要ですしね。

via PressSync

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

27年間のサラリーマンを生活を送る40歳。

転職を繰り返す中で、自由を追い求めてます。

雇われながらも、気ままな生活をどう送るか

そんなことを日々考えながら生きる男のブログです。

人生が辛いと口癖な人、日曜日が憂鬱な人、彼女に振られたり、離婚して絶望的な人

僕も周りから、そんなふうに思われていた一人かもしれません。

しかし人生は、運だけに左右されるものではなく、ちょっとした考え方と行動が変われば、周りの環境に流される自分から脱却できるのだと証明したいと思います。

自己啓発的な言葉だけでなく、趣味やプライベートも織り交ぜて記事を更新していきます。

どうか温かい目でブログの成長を見守っていただければ幸いです。