雇われても自由を勝ち取ろう

なんか違うんだよなー

今日は久しぶりに事務所から、家に帰る。
17時半きっかりに、タイムカードを通して事務所を出ます。

出る途中に、上司から色々話しかけられる。
明日車使うからぁー、とかどうでも良い事だし、レンタカー使えよって思いますが、はいはいよって感じで、交換条件に仕事頼むねーっと伝えて帰ります。

こういう時は少し図々しいぐらいの態度が丁度いいです。
やっぱり営業は自分の行動に自信を持つ。
言うことは、言うし、帰る時は帰る。

でも周りからは、いいなぁーとか、ズルいなぁーとか、仕事してんのかなぁー、とか色々思われますよ。

でもそんなの気にしてたら、何もできないですからね。

早く帰るのは、そういうふうに思われるリスク、仕事ちゃんとしないといけないプレッシャー含め、勇気のいることだと思います。

数字達成してる時だけ、早く帰る人がいますが、そんなのはダメです。

周りの目を気にして仕事するのは、悪いと思いませんが、そこにこだわって自分の思い通りにできないのはストレスでしかないですね。

via PressSync

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

27年間のサラリーマンを生活を送る40歳。

転職を繰り返す中で、自由を追い求めてます。

雇われながらも、気ままな生活をどう送るか

そんなことを日々考えながら生きる男のブログです。

人生が辛いと口癖な人、日曜日が憂鬱な人、彼女に振られたり、離婚して絶望的な人

僕も周りから、そんなふうに思われていた一人かもしれません。

しかし人生は、運だけに左右されるものではなく、ちょっとした考え方と行動が変われば、周りの環境に流される自分から脱却できるのだと証明したいと思います。

自己啓発的な言葉だけでなく、趣味やプライベートも織り交ぜて記事を更新していきます。

どうか温かい目でブログの成長を見守っていただければ幸いです。