雇われても自由を勝ち取ろう

金曜日の夜

花の金曜日って言葉はもう古い、、
金曜日って嬉しい、、土曜日も嬉しい、、日曜日の夜は憂鬱、、

ってのが、基本的なサラリーマンの思考回路です。

僕も昔は金曜日の夜が好きでした。
今日頑張ったら、この苦しみから少し解放される。
また土日遊びの予定あって、楽しみだなーと

結婚してからは、子育て家事に追われ、土日シンドいなって思うことも多いです。

娘は、めっちゃ可愛いですが、土日続くと自分の時間がないってなりますからね。

やっぱり休みの日でも一人の時間を確保できているのと、できていないのでは、疲れの抜け具合が全然違いますよね。

最近ヤフーニュースでも、年収の高い夫が家事負担になるのはどうなの?って記事がピックアップされてましたが、めっちゃ共感できる部分ありましたからね。

もちろん年齢差や、出産で女性が不利になる事も多く、一概に収入の大きさでは判断できないとは思います。

それでも昭和の男は、仕事頑張るって精神が刷り込まれてるんでしょうね。

家事は分担してこなしてますが、たまにえって俺仕事で稼いだ方が、家庭的にプラスでしよ。
会社で例えると売り上げないと、倒産しちゃうよって考えになってしまうことがあるんですね。

その辺は、今までに嫁と揉めたことありますね。
まあ家事が好きな女性って中々いないですよね。

via PressSync

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

27年間のサラリーマンを生活を送る40歳。

転職を繰り返す中で、自由を追い求めてます。

雇われながらも、気ままな生活をどう送るか

そんなことを日々考えながら生きる男のブログです。

人生が辛いと口癖な人、日曜日が憂鬱な人、彼女に振られたり、離婚して絶望的な人

僕も周りから、そんなふうに思われていた一人かもしれません。

しかし人生は、運だけに左右されるものではなく、ちょっとした考え方と行動が変われば、周りの環境に流される自分から脱却できるのだと証明したいと思います。

自己啓発的な言葉だけでなく、趣味やプライベートも織り交ぜて記事を更新していきます。

どうか温かい目でブログの成長を見守っていただければ幸いです。