雇われても自由を勝ち取ろう

人間はわがまま、都合よく考える生き物である

本当にわがままというか、自分の都合よく解釈する人が多いです。
仕事でもたいてい言ったいわないで、もめることが多いし、
相手は都合よく解釈してること多いので、よっぽど意思疎通できてる人以外は、
少しうっとしいと思われるぐらい、念押しで物事を進めるべきだと思います。

特に若い人よりも、高齢の方、55歳オーバーの人への対応は、要注意です。
また若くても、役職や地位が高い人も要注意です。

相手への思いやり、ちょっとしたしぐさで、こいつできるなって思われることは
以前のブログでも書いたと思いますが、自分のことよりも
相手のしぐさ、立ち振る舞いを見て、そういう人かを見抜く洞察力を磨くことも必要です。

多くの人と会って、意識的に注意しないと、そういった能力が上がりません。
ただ単に人と会って、打合せして、しゃべっているだけで自然と身に付くものではないです。

きちんとクレームになったときは、この人ややこしそうだなって嫌だなって思うだけでなく、
そうなってもこちらは、感情的に対応しない、、言うべきことはいうし、やることやってるよって
早い段階で刷り込ませていく作業を、意識的に行うことが大事ですね。

以前電話してくるやつは、バカだとか、電話してこないように相手を教育するとかっていうのも
ブログで書きましたが、大事なのは全てにおいて、準備です。

小学校から、明日の用意をして寝ない子は、大きくなっても明日のイメージがつかめない。
明日になってから、考えようとしてしまいます。

別に5年後と意識して、生活するわけでないので、今を生きることは大事です。
ただ明日のことは無視して、生活するのはダメだと思います。

よくあるのは、明日は大事な商談があるのに、前日に2件目飲みも付き合ってしまう、、、
お前乗り悪いなあーって言われて、しゃあなしにいくことは、僕も若い頃は、しょちゅうありました。

でもそういう人とは、前もって飲みにいかないことです。
2件目いくって言われたら、断ろうとしても、難しいですからね。

まあ世話になってる人からの誘いもあるので、そのあたりのスケジュール調整は難しいですが、、

都合よく考えるのは、仕事関係の人だけでなく、家族でも同じです。
昨日遅かったから、今日は早く帰ってくるだろうと妻が予測しても、
仕事が忙しければ、連日遅くなることはあります。

前もって2日連続遅いよって伝えても、もめるときは揉めるので、
そういうときは、仮に文句いわれても、感情的にならず、相手への思いやりの言葉を挟んで
対応していくと心がけておくべきです。

家族だからっていっても、同じ人間です。
何でもわかってくれている、許されるわけでないです。
意識しすぎるのも、ダメですが、
全く意識してない人は、意識しすぎるぐらいでちょうど良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

27年間のサラリーマンを生活を送る40歳。

転職を繰り返す中で、自由を追い求めてます。

雇われながらも、気ままな生活をどう送るか

そんなことを日々考えながら生きる男のブログです。

人生が辛いと口癖な人、日曜日が憂鬱な人、彼女に振られたり、離婚して絶望的な人

僕も周りから、そんなふうに思われていた一人かもしれません。

しかし人生は、運だけに左右されるものではなく、ちょっとした考え方と行動が変われば、周りの環境に流される自分から脱却できるのだと証明したいと思います。

自己啓発的な言葉だけでなく、趣味やプライベートも織り交ぜて記事を更新していきます。

どうか温かい目でブログの成長を見守っていただければ幸いです。

スポンサーリンク