雇われても自由を勝ち取ろう

ノーマンズランド 姫川玲子シリーズの最新作

ちょっとビジネス本から離れて、姫川玲子シリーズの最新作を読破しました。
いやあー内容どうこうより、やっぱりシリーズものなので、さくっと没入できますね。

テレビや映画の実写版も好きですが、やっぱストロベリーナイトを小説で読んでから、
ジウシリーズ等もやっぱ小説で読むのがしっくりきます。

シリーズものって忘れた頃に続編出るんですよね

まあ、戦略だとは思うけど、そんなすぐ書けないか、、、、

今回は、ガンテツこと勝俣主任の裏側が少し見えるようになります。
あまり書くとネタバレになるので、あれですが、なんかガンテツはいい味だしてます。
実写版では武田鉄矢ですが、小説を読み進めると少しイメージ違うような気もしてきましたね。

作家の誉田哲也も、このシリーズの最終章はどういう落ちになるのかってのは、まだ見えてなさそうです。
死神と言われる、姫川玲子の同僚もこれ以上、死なすわけにもいかないでしょう、、、、、

ハードカバーで、定価1700円オーバーは、本好きの人でも出費大きいとは思いますが、
シリーズものならではの面白さを味わいたい方は、ぜひ読んでください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

27年間のサラリーマンを生活を送る40歳。

転職を繰り返す中で、自由を追い求めてます。

雇われながらも、気ままな生活をどう送るか

そんなことを日々考えながら生きる男のブログです。

人生が辛いと口癖な人、日曜日が憂鬱な人、彼女に振られたり、離婚して絶望的な人

僕も周りから、そんなふうに思われていた一人かもしれません。

しかし人生は、運だけに左右されるものではなく、ちょっとした考え方と行動が変われば、周りの環境に流される自分から脱却できるのだと証明したいと思います。

自己啓発的な言葉だけでなく、趣味やプライベートも織り交ぜて記事を更新していきます。

どうか温かい目でブログの成長を見守っていただければ幸いです。

スポンサーリンク