雇われても自由を勝ち取ろう

早く帰るのが、良いことではない

出来るサラリーマンほど、時間管理が上手いので、残業をしない。
これはどこの会社でも、同じでしょう。

ですが、必ずしも早く家に帰ったからといって、人生が充実するわけではない。

最近は特にそう思うことが多くなって来ました。

やっぱり家庭を持つと、早く帰ってあげたい、子供と遊びたい、っていう気持ちはあります。

ですが、早く帰るために仕事を頑張り、その代償として、帰ったら疲れて何も出来ない、、、

結構あるんですよね、このパターン。

嫁にとっては、早くかえってるんだから、疲れてないでしょ、なんか色々手伝ってとなる訳です。

ですが、こちらは早く帰るために、努力してる、早くかえってるんだから少しゆっくりしたい。

お互い都合よく、解釈してしまうから、難しいですね。

だから早く帰るくらいなら、一度寄り道しても良いから、家族サービスを行う気力と体力を回復する必要がある。

ただいまーっと元気よく帰る方が、良いということですね。

まあ毎日は無理です。

飲み会で遅くなって、疲れるパターンもありますからね。
まあ何事もバランス感覚が必要ですので、色んなことを試していきながら、自分も相手も納得できる状況を作っていくことが大事ですね

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

27年間のサラリーマンを生活を送る40歳。

転職を繰り返す中で、自由を追い求めてます。

雇われながらも、気ままな生活をどう送るか

そんなことを日々考えながら生きる男のブログです。

人生が辛いと口癖な人、日曜日が憂鬱な人、彼女に振られたり、離婚して絶望的な人

僕も周りから、そんなふうに思われていた一人かもしれません。

しかし人生は、運だけに左右されるものではなく、ちょっとした考え方と行動が変われば、周りの環境に流される自分から脱却できるのだと証明したいと思います。

自己啓発的な言葉だけでなく、趣味やプライベートも織り交ぜて記事を更新していきます。

どうか温かい目でブログの成長を見守っていただければ幸いです。

スポンサーリンク