雇われても自由を勝ち取ろう

電話が鳴らない日々が良い

最近ようやく1日の電話の数が、平均すると10軒以下になってきました。

ここまで来るのには、結構時間がかかりましたね。

以前のブログでも書きましたが、僕のいる建築業界では、とにかく電話のやりとりが多いです。
徐々にメールのやりとりが多くなってますが、完全に移行することはないでしょう。

なんせアナログな世界なので、、、

そういう世界で、1日の電話の数を10軒以下に抑え、営業ノルマを達成することは結構大変な努力が必要です。

サボってるだけでは?って思われる方がいるかもしれませんが、それでは会社に残れません。
電話をしない分、他のことにエネルギーを注ぐ、その方がより多くの案件=仕事をこなせるからこそ、そうしているのです。
ではそこまで電話を排除していくには、どうすれば良いか⁇
これはホリエモンも言ってますが、電話をしてくる人とは、極力仕事をしないことです。
もちろん年上で、重要顧客や、緊急時のクレーム等、仕方ないひどなってるや場合があるので、ゼロには出来ません。

ただそれ以外は排除していくべきです。

そもそも電話してくる人は、自分の都合で相手の時間を奪ってることに気づいてない。
メール連絡で、文章を考え、伝える努力をしない無能な人だと思います。

商売はまず相手のことを考える、そして工夫を行うということが、儲ける基本概念ですからね。

僕も忙しくなると、どうしても自分の事ばかりに意識がいき、間違った判断をしてしまう時がありました。

でも電話しない日々が続くと、実際こなしてる量は多くても、忙しいと感じなくなります。

なのでそういう状況にも陥りませんし、良いことだらけです。

今後も継続して、1日5軒以下に減らすのが目標ですね〜

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。