雇われても自由を勝ち取ろう

東芝ネタで持ち切りですね

東芝の損失が、実質6200億円にも上ると日経新聞に出てましたね。
原発事業にここまで巨額投資したツケが、債務超過に陥り、上場廃止、倒産の危機的状況まで
追い込まれるという結果となりました。

大企業に勤めていても、未来安定とは言えないっていう流れは
もはやリーマンショック以降の常識にもなってきたように思えます。

我々はサラリーマンである限り、この会社がやばいと思ったら
すぐ乗り換えるってことはできますが、現実的に簡単に転職が成功することは少ないと思います。

私も会社倒産の経験があるからわかりますが、倒産したからといって、めちゃくちゃ不利になるってことはありません。
もちろん、それまでの肩書や人間関係、環境が変わることによる不便さなど、辛いことも多いです。
でも雇用保険に入ってる限り、一定の失業手当もあるし、それまで真面目に勤めていたのであれば、
仕入れ先や得意先から、声がかかります。

以前の給料よりは、下がることを受け入れれば、完全な失業が続くというのは考えにくいですね。
もちろん僕の場合は、30代前半であったので、40代、50代になるにつれ難しいとは思いますが、、、、

それでも、その世代の先輩方でも、さらっと転職してる人は多いですね。

転職は、お金だけで選ぶと失敗するし、入ってみないとわからないって要素が多いものです。
でも自分のスキルが上がるきっかけにもあるし、ダラダラ続けている状況を打破したい人にはオススメです。

でも隣の芝生は必ずしも青くないという点だけは、意識しておかないとダメですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。